サイトトップ > サイトマップまで放置

セラミドサプリの効効果おすすめ!ランキングはこれ

セラミドで乾燥肌ケア

 

女性の悩みでもある乾燥肌。乾燥状態が続くと肌トラブルとなり敏感肌やアトピー肌に繋がることがあります。肌を外的刺激から守るバリアは表面の油分や水分がになっていますがその中でも細胞間脂質は肌細胞の隙間を油分や水分で埋めるものでそのうちの40〜65%がセラミドで出来ていると言われています。

 

乾燥肌と聞くと肌タイプの1つとして捉える方も多いですがお肌の水分が足りない状態である乾燥肌は細胞間脂質も少ない、セラミド不足ということになります。このセラミド不足が続いてしまうと肌の隙間から刺激が入り込んでアレルギー反応を引き起こします。

 

さらに空気に触れる面が多いため肌の水分が蒸発し今以上の乾燥状態になります。乾燥状態のお肌を回復させるためには実はセラミドが効果的なんです。皮脂の成分を塗っても水分量は回復されないのに対し、細胞間脂質に含まれる成分を塗ると水分量は上昇し角質も減ります。

 

細胞間脂質の半分以上はセラミドが占めているのでセラミドは効果的と言えます。有名なヒアルロン酸は肌の内側で水を蓄えて細胞を包んでくれます。しかし水分を蓄えても表面にバリアが形成されないので蒸発してしまいます。

 

同じく有名であるコラーゲンも肌のハリを作りだす働きがありますが表面のバリアが守られていないと外部からの刺激を受けやすくなり綺麗なお肌を作りだすことができなくなります。このようにどの保湿成分にもセラミドの働きは欠かせないものになります。

 

セラミドの正しい使用方法

 

セラミドの正しい使い方は知っていますか?肌に効果的である美肌に欠かせないセラミドでも正しい使い方をしないと効果は期待できません。セラミドは肌の奥だけではなく表面の保湿に効果があるので肌の乾燥や老化対策にはとても効果的です。

 

セラミドの正しい使い方はセラミド配合の美容液クリームを使う前に化粧水を使ってお肌の状態を良い状態にしておくことが大切です。化粧水を使うことでお肌に水分を補給した上で油分バランスも整え、そのあとには美容液クリームを肌の奥まで浸透させるようにします。

 

化粧水を使用する時は少量ではなくたっぷりとコットンに含ませて使うことです。肌の奥までしっかり届けるためにはコットンを軽めにたたきながら使用することです。この時、強めにたたいたりこすってしまうと肌にダメージを与え水分を失うことになるので注意が必要です。

 

化粧水の後はセラミド配合の美容液クリームを使うことになりますが使用時の注意点として十分な量を使う必要があることです。使用する量が少量であれば使用しても成分を奥まで浸透させることは出来ないのでセラミド効果を引き出すならたっぷりの量を使用するようにすることです。

 

この方法であれば顔全体につけるのではなく乾燥しているお肌に集中的につけることです。必要以上に塗ってしまうと皮脂の過剰を引き起こしてニキビができやすくなるので使用する時は特に注意点を知った上で使用することが大切です。正しい方法で使用すればセラミドの効果を十分に得ることができます。

 

アトピーに対するセラミド効果

 

日本人の3人に1人は何かしらのアレルギー疾患を抱えています。アトピー性皮膚炎は10人に1人の割合で最近では大人の成人型アトピー性皮膚炎が増えています。このアトピー性皮膚炎の原因として生まれつきの肌質や体質、アレルゲンや物理的な刺激やストレスなどが考えられます。

 

生まれつきのアトピー性皮膚炎は肌のバリア機能を形成している遺伝子に異常があったりと普通の人に比べるとセラミド量は少なくなります。セラミド量が少ないと肌のバリア機能も弱まります。

 

両親がアトピー体質であればその子供も遺伝でアトピーになりやすくなります。生まれつきの体質や肌質のものではないアレルギーは埃やダニ、動物の毛や細菌などからアレルギー反応を引き起こすことがあります。

 

普段行っているスキンケアでの摩擦や心理的なストレスもアトピー性皮膚炎の原因になります。アトピーと聞くと子供の病気というイメージを持つ方も多いと思いますがアトピーは大人になってから急に発症することがあります。そのため花粉症と似ています。

 

自分は乾燥肌だと思っていても実はアトピーということもあります。目や首まわりがかゆくなったり発疹があった時はアトピーの可能性があります。アトピーにいいと言われているもの、それはセラミドです。セラミドは保湿力が高く低刺激のため使用感も抜群です。

 

アトピー性皮膚炎はセラミドを補給するだけで治る訳ではありません。もちろん乾燥状態や軽いアトピー症状には効果的でありますがかゆみや炎症がひどい時、軽い症状以外の時はステロイド外用薬などを使用した治療が必要になります。

 

そのためアトピーの保湿剤として使用したりアトピー肌で使えるスキンケア化粧品がない方にはお肌に優しいセラミド配合化粧品をおすすめします。

 

コラーゲンとセラミドで美肌効果

 

コラーゲンは関節や内臓など身体のあらゆる場所に存在する成分です。タンパク質のうち30%はコラーゲンで出来ておりヒアルロン酸と同じでコラーゲンは身体に必要な成分になります。コラーゲンは肌表面から取り入れると保湿成分として働きます。

 

網目状の構造をしていて網目の間には油分や水分を抱え込みバネ状の弾力で肌に潤いとハリを与えます。肌を押し上げることで潤いを保ちハリを作り出すようになります。コラーゲンは25歳くらいをピークに減少していきます。紫外線や喫煙によってもコラーゲンは減少していきます。

 

コラーゲンを増やしたいと思っていても普通のコラーゲンはタンパク質であることと分子が大きいので肌になかなか浸透してくれないという難点があります。そのためナノ化や低分子化などの小さめの分子のものを選ぶと効率よく保湿成分も浸透し効果も得られます。

 

肌には表面の部分だと表皮、深層部分になると真皮があります。真皮の70%はコラーゲンで作られていて表皮の角質層にも存在します。セラミドは真皮や肌の潤いを守るためにバリアとしての働きがあります。セラミドが外側から内部のコラーゲンの働きをサポートすることでコラーゲンが弾力のあるお肌を作り出します。

 

ただ、化粧品などで皮膚に塗布したコラーゲンは真皮ではなくその手前である角質層までしか届かないので注意が必要です。そのため新しい肌を作り出す手助けはコスメだけだと難しくなります。新しい肌を作り出すことを目的とするならコスメとサプリメントの両方を取り入れる方法が一番いいでしょう。

 

セラミド補給方法

 

セラミドを補給する方法として飲むサプリメントと肌に塗る化粧品がありセラミドは塗っても食べても飲んでもいい方法があります。補給方法はどれか効果的かと言うと何を目的にセラミドを補給するかにもよります。

 

部分だけセラミドを増やしたいなら塗るタイプのセラミドが効果的です。全身のセラミドを増やしたいなら飲むタイプのセラミドが効果的です。セラミドを食品から摂取する場合は1日の目安として0.6〜1.2mgになります。

 

効率よくセラミドを摂取するならサプリメントがおすすめですが普段口にしている食品にもセラミドは豊富に含まれています。セラミドを含む食品として米、小麦、乳製品、大豆、こんにゃく芋などがあります。この中でも注目されているのがこんにゃく芋で、こんにゃく芋にはセラミドが豊富に含まれていて100gで1日の目安である摂取量を摂取することができます。

 

サプリメントを摂取した場合はセラミドは消化管から吸収されて血中から毛細血管を介して角質層に取り込まれ腸から吸収したセラミドは一度分解されて別の成分へと変化します。その成分が角質層に着くとセラミドの量が増えます。

 

セラミドを塗る場合はセラミド配合化粧品を使用します。セラミドは水溶性ではなく油溶性なので美容液クリームに高濃度で配合されています。

 

化粧水でもセラミドが配合されているものがありますが濃度は低いので効果は弱まります。セラミド配合化粧品は食品から摂取するより肌に塗った方が即効性があります。塗った直後から肌の潤いを感じられ浸透力にも優れています。